電話加入権+フレッツ・ADSL1.5M〜47M(まるごと割引セット) OCNプラン【電話・ADSL・Bフレッツのアットウィル】 商品無料仕入戦隊『電脳卸』

2005年07月28日

日本VSアメリカ 医療比較1!!

 「ER」という番組をご存知でしょうか?見たことのある方も多数おられると思います。

 これはEmergency Roomの頭文字をとったもので日本語では「緊急救命室」ぐらいの訳でしょうか。

 またよく3ヶ月に1回くらい入る「実録!救命病棟24時」みたいなのありますよね。あれもERです。
 どちらも生命の最前線での仕事になるわけですが、日本とアメリカでは「医療」そのものの考え方、制度に大きな違いがあるため、かなり違った部分が出てきます。今日はこの両者の比較をしてみたいと思います。

 まず何といっても最大の決定的な違いは「保険制度」です。

 日本はいわゆる「国民皆保険」制度をとっておりみ〜んな健康保険に入っています。(これはすごいことなんです)

 一方アメリカには、公的な健康保険制度として老齢者限定の「メディケア」と低所得者限定の「メディケイド」というものがあります。ここでは本当に最低限の治療しかできません。当然富裕層の人にとってはこれだけでは不足で、さらに任意で民間の医療保険に加入します。(ちょっと気を付けないといけないのは、この民間の保険といっても、よくCMでみる入院1日6000円みたいなやつではありません。)


 複雑なので例を挙げると、病院に来てある病気だと診断を受けた場合、その方がどんな保険に入っているか確認せねばなりません。

 病院のスタッフは保険会社に電話して、「〜さんはこういう病気だが治療をはじめていいか?」と聞くわけです。その結果了承されれば保険適応、却下ならば全額自費となります。(モチロン払えるわけないので実質治療はできません)

 結局、高額な任意保険に入っている人はどんな病気にでも最高の対応をしてもらえますが、保険に入っていない人には、応急処置程度の対応しかしてもらえません。

 では日本の場合はどうかといいますと、「国民皆保険」なのはすばらしいことで、どんな人にも平等に治療されます。

 では手放しに喜べるかというとそうでもありません。実際に病棟に出て思うことですが、「保険の利く範囲が狭」すぎるんです。あれは保険利かないからダメ、コレも保険利かないからダメということが多々あります。

 「じゃあ、その保険利かない部分だけ自費で払ってもらえば・・・」と思われるかもしれませんが、コレがまた厄介で「混合診療の禁止」という原則があります。

 つまり一部でも保険外診療を行うと、その他の保険の枠内の診療もぜ〜んぶ自費になっちゃうっていうルールなんです。

 最近ちょっとずつ見直しが進んではいますが、まだまだこの原則の存在は重たいです。

 「じゃあ、見直せよ!!!そんなルール」と思われるかと思います。私も大賛成です。

 でもそうすると今度は、その分の「お金」は・・・・・・・・・・・・ということになってしまいます。ですから付け焼刃ではありますが、「診療報酬のカット」を行いなんとか現状維持しています。


 どちらが良いでしょうか??日本対アメリカ、テストで例えるなら「100点と20点に分かれる」のがいいか「どちらも60点」がいいか、です。・・・・・・・・・・・合計点はどちらも同じです・・・・・・・・・。 

 
すいません、クリックだけでもしてくださると幸いです。おねがいします。
posted by よっちぃ at 13:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
医療保険・がん保険の詳しい資料のご請求は「ほけんの窓口」で。
FPによる無料電話相談を実施しています!ぜひご利用ください。
ご来訪お待ちしております。
Posted by 医療保険・がん保険 at 2007年10月29日 18:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5422224

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。